おんつじの資産育成記~投資信託と米国株で楽にお金を育てる

インデックス投資と米国株の記録。流れに身を任せてお金を増やす。

【米国株】2019年7月の決算発表スケジュール G20より7月16日に注目

アメリカと諸外国の貿易摩擦や経済指標の悪化。 ネガティブな話題で溢れる昨今ですが、今のところ米国の株価が大きく下落するような状況には陥っていません。 その理由の一つに、企業の業績はまだ堅調と思われていることがあるのではないでしょうか。 では、…

ブラックロック ETFの低コスト化全盛の時代に反旗を掲げる?

ETF

世界最大の資産運用会社BlackRock(ブラックロック)。 彼らが販売する『iShareシリーズ』のETFは低コスト、かつ幅広いラインナップが揃えられており、ETFでインデックス投資を行う人にとってはお馴染みの存在です。 そんなBlackRockですが、ETFのコストが最重…

【インデックス投資】移動平均線で投資金額を増やすタイミングを決められるか?

インデックス投資をする場合、毎月決まった額を投資することが多いと思います。 でも、投資を続けていると欲が出るもので、株価が安い時により多くの投資信託、ETFを仕込みたいと思ってしまいます。 では、株価が安い時がいつなのか分かるものなのでしょうか…

ネスレ,ロシュ,ノバルティス UBS ETFスイス株でスイスの優良企業に投資する

ETF

(2019.06.14更新) 食品会社や医薬品メーカーの株式はディフェンシブ銘柄として知られています。 この業界でトップクラスのシェアを持つ企業は、米国企業ばかりではありません。 世界最大の食品会社である『Nestle(ネスレ)』、世界有数の製薬会社である『ロシ…

株価が好調なユニリーバ 高級スキンケアブランドの買収で高収益体質を目指す

アイスクリームの「ベン&ジェリーズ」、紅茶の「リプトン」、洗剤の「ドメスト」、ボディケア・スキンケア製品の「Dove」。 日本でもお馴染みのブランドを数多く持つ『ユニリーバ(UL)』。 今、最も力を入れているのはスキンケア製品を始めとしたパーソナル…

【米国株】公益セクターAmerican Water Works(AWK)は利下げ局面で強い?

対中関税の引き上げをきっかけとして、5月のアメリカの株価は下落しました。 そんな中、堅調だったのが公益セクターの銘柄です。 私が保有している水道株「American Water Works(AWK)」も株価が大きく上昇しました。 公益セクターは利下げ局面に有利と言わ…

オーストラリア投資は高配当だけど為替に要注意 ~米国以外の投資先を考える~

現在の株式投資の世界において利益をもたらす可能性が最も高いのは、米国株と言っても差し支えないでしょう。 でも、100%確実な未来はありません。 「卵を一つの籠に盛るな」 という言葉があるように、米国一国への集中投資に不安を覚える人もいるのではな…

【米国株】配当金はリターンを拡大し、下落相場への耐性を強化する

株式投資のリターンは2種類存在します。 株価の値上がりによる「キャピタルゲイン」と配当金による「インカムゲイン」です。 後者の配当金は投資金額が小さいと微々たる額しかもらえません。 だからでしょうか。私達は配当金より株価の値上がりに注目してし…

【米国株】S&P500を超えている個別株は? 保有銘柄をS&P500と比較 2019年6月

個別株に投資していると、インデックス(株式指数)とのパフォーマンス差が気になるものです。 悩みに悩んで選び抜いた個別株。 せっかく時間をかけたのだから、インデックスに連動するETFや投資信託を超えてほしいと思うのが人情でしょう。 私の投資資産の…

eMAXIS Slim先進国株式が信託報酬を引き下げ ニッセイ外国株式を追いかける

「振り返れば、振り返れば奴がいる。。」 先日の「ニッセイ外国株式」の信託報酬引き下げを追いかけるかの如く、「eMXAIS Slim先進国株式」も信託報酬の引き下げを発表しました。 何と言うか、予想通りの展開ですね。。。 eMXAIS Slim先進国株式も信託報酬を…

株価急落でもeMAXIS Slim米国株式や楽天VTIを売却してはいけない理由

絶好調だったアメリカの株価も、激しさを増す米中貿易摩擦の前にずるずると下がってきました。 最近「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」や「楽天VTI」でインデックス投資を始めた人の中には、一度売却して利益を確保しようと考えることもあるのではないでしょう…

楽天VTIとニッセイ外国株式を買いました。今月の投資成績 2019.05.31

「時間って、、止まるんですね。いや、戻るんですね。。」 5月に入ってから、米中貿易摩擦が過熱して株価の下落が続いています。S&P500は3月頭くらいの株価に戻ってしまいました。 NYダウはさらに下落が大きく、今年1月の株価にまで舞い戻っています。 米国…

米国株の営業キャッシュフローマージンを調べる。Visa,MSFT,AWK,ZTSが高い。

『その会社の営業キャッシュフローマージン、大丈夫ですか?』 個別株の銘柄選びの指標の一つに「営業キャッシュフローマージン」があります。 営業キャッシュフローマージンは、「営業キャッシュフロー」を「売上高」で割った値です。 「営業キャッシュフロ…

ニッセイ外国株式が信託報酬を引き下げ eMAXIS Slim先進国とのコスト争い再び

インデックスファンドの低コスト化競争は止まらない! ここ最近、信託報酬の引き下げを発表するファンドが相次いでいます。 中でもニッセイアセットマネジメントは、計6ファンドの信託報酬の引き下げを敢行してきました。 もちろん「<購入・換金手数料なし>…

米中貿易摩擦の株価への影響をチェック 米国株は強く新興国株が弱い

「今日のダウは大きく下落しました」 5月に入って米中貿易交渉の行方が懸念されるようになってから、そんなニュースを目にすることも多くなりました。 でも、米国の株価は下がっては上がり、上がっては下がりを繰り返している状態で、そんなに下落しているよ…