おんつじの資産育成記~投資信託と米国株で楽にお金を育てる

インデックス投資と米国株の記録。流れに身を任せてお金を増やす。

おすすめインデックスファンドのデータ比較 先進国株式編【過去記事 2018年10月】

この記事の情報は2018年10月のものです。

最新のデータは以下のページをご覧ください。

 

 

インデックス型の投資信託は少額で世界中の株式や債券に分散投資できることから、大きなリスクを取らずに投資を始めたい人に最適な投資方法と言えます。

その中でも先進国株式のインデックスファンドは今の世界経済の中心であるアメリカ企業を始めとした世界の主要企業の株式に投資できることから積立NISAでも人気を誇っています。

ここでは主な先進国株式インデックスファンドのポートフォリオ、コスト、パフォーマンスの最新データを掲載します。

 

f:id:ontsuji96:20181123152204p:plain

 

対象のインデックスファンドは以下の4つです。

  • eMAXIS Slim先進国株式
  • ニッセイ外国株式
  • たわらノーロード 先進国株式
  • iFree外国株式インデックス(為替ヘッジなし)

 

 

純資産、実質コストの比較

インデックスファンド選択のポイントである純資産と実質コストの比較です。

純資産が少なすぎるとファンドが繰上償還して、せっかく積み立てた資産が利益確定されてしまうリスクがあります。利益が出ている場合は所得税を引かれてしまいます。

 

実質コストは信託報酬を含めたインデックスファンドの年間経費です。

同じベンチマークを採用するインデックスファンドであれば、保有している株価の値動きは同じになるので、実質コストが低いファンドの方がお得です。

 

純資産はニッセイ外国株式、実質コストはeMAXIS Slim先進国が優位

f:id:ontsuji96:20181123114715p:plain

 純資産はニッセイ外国株式インデックスファンドが1,000億円を突破。

実質コストはeMAXIS Slim先進国株式が最安です。

ですが、他の3つのファンドは2017年の運用報告書が最新のデータなので、少し古いです。

次の運用報告書でeMAXIS Slim先進国株式より低コストなファンドが登場するかが、今後の勝負の分かれ目だと思います。

月次資金流入額(2018.10.31) ニッセイ外国株式が優位

各ファンドの月次資金流入額です。

 

■ニッセイ外国株式

f:id:ontsuji96:20181123144210p:plain

■eMAXIS Slim先進国

f:id:ontsuji96:20181123144316p:plain

 

■たわらノーロード先進国株式

f:id:ontsuji96:20181123144502p:plain

■iFree外国株式インデックス(為替ヘッジなし)

f:id:ontsuji96:20181123144655p:plain

10月はニッセイ外国株式インデックスの資金流入額が一番大きかったようです。

 

最新ポートフォリオ (2018.11.21)

比較対象のファンドは全てMSCIコクサイ指数をベンチマークとしているので、構成銘柄はほぼ同じです。全ファンドの銘柄を調べても意味がないので、同じMSCIコクサイに連動するETFである「iShares MSCI Kokusai ETF」の構成銘柄を見てみます。

上位20銘柄

順位 銘柄 %
1 Apple 2.5 アメリカ
2 Microsoft 2.17 アメリカ
3 Amazon 1.78 アメリカ
4 Johnson&Johnson 1.09 アメリカ
5 JPモルガン 1.05 アメリカ
6 エクソンモービル 0.94 アメリカ
7 ALPHABET CLASS C(Google) 0.94 アメリカ
8 Facebook 0.93 アメリカ
9 ALPHABET CLASS A(Google) 0.87 アメリカ
10 バークシャー・ハサウェイ 0.77 アメリカ
11 バンク・オブ・アメリカ 0.75 アメリカ
12 ネスレ 0.75 スイス
13 ファイザー 0.73 アメリカ
14 ユナイテッド・ヘルス 0.71 アメリカ
15 ベライゾン 0.7 アメリカ
16 ウェルズ・ファーゴ 0.7 アメリカ
17 VISA 0.68 アメリカ
18 P&G 0.66 アメリカ
19 シェブロン 0.64 アメリカ
20 インテル 0.63 アメリカ

上位20銘柄を載せてみました。11位のネスレ以外はアメリカ企業です。

Appleの背中をMicrosoftが捉えつつあります。

Googleは株式が議決権があるクラスA株と議決権を持てないクラスC株があります。最近の株価下落で順位が落ちてきました。

投資対象国・地域の比率

投資対象は次の22ヵ国です。

 ■投資対象国・地域

f:id:ontsuji96:20181123110753p:plain

上位10ヵ国の比率です。

 

f:id:ontsuji96:20181123111230p:plain

アメリカが70%近くを占めます。これから株安でアメリカの比率が下がってくるのかは要注目です。

業種別比率

業種別の比率です。

f:id:ontsuji96:20181123111959p:plain

金融が首位です。これから弱気相場が続くと情報技術の比率が下がりそうですね。

パフォーマンス (2018.10.31)

最後はパフォーマンス比較です。

同じ指数を採用しているので、各インデックスファンドのパフォーマンスは大差ないです。

比較のために米国のみに投資する「楽天・全米株式インデックスファンド」と世界中に投資する「楽天・全世界株式インデックスファンド」も載せておきます。

 

f:id:ontsuji96:20181123150432p:plain

10月はアメリカのみの投資と比べてパフォーマンスに大差はなかったです。年間のパフォーマンスではアメリカに劣っていますね。

新興国や日本を含めた世界中に投資するよりはましな結果でした。

まとめ

先進国株式型のインデックスファンドは今年は低調なパフォーマンスに終始していますが、いつまでもアメリカ独り勝ちな状態が続くとも限りません。ある程度、複数の国に分散投資しておいた方がいいと思います。

先進国株式のインデックスファンドを積み立てればアメリカの株式を中心にしながら複数の国に分散投資できます。

 

このタイプのインデックスファンドでは「ニッセイ外国株式」と「eMAXIS Slim先進国株式」の2強が人気を博しています。iFreeは資金流入額が増えずに厳しい状態が続いているようです。信託報酬引き下げなどの対抗策を打てるのかが鍵でしょうか。

 

「ニッセイ外国株式」と「eMAXIS Slim先進国株式」は私の金融資産の中心です。このタイプのファンドの勢いはチェックしておきたいので、この記事も随時更新したいです。

 

関連記事の紹介です。

アメリカのみに投資するタイプのインデックスファンドのパフォーマンス、コスト、ポートフォリオを比較しました。今年はこのタイプのインデックスファンドが強いです

 

将来の成長に期待したい新興国株式のインデックスファンドのデータ集です。

 

アメリカのみに投資するVTI、世界に投資するVT。それぞれの最新データは以下の記事に掲載しています。

www.ontsuji.net

 

 米国株のセクター別データを記載した記事です。今は生活必需品セクターが安定しています。

www.ontsuji.net

 

よろしければクリックお願いします。ランキングサイトで色々な投資情報が見れます。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

 

プロフィール
id:ontsuji96 id:ontsuji96 はてなブログPro

IT企業で働きながら、趣味の投資活動を記録していくブログです。

注目記事
投資関連ランキングサイト

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサードリンク
株式取引の勉強本

チャートの見方がわかる本

アメリカのトレーダ集団 タートルズのスイングトレード手法。投資手法を学べるというより、読み物として普通に面白い。

投資の息抜きに

投資も等価交換?

読書はKindleで

Bird Bear Hare and Fish