おんつじの資産育成記~投資信託と米国株で楽にお金を育てる

インデックス投資と米国株の記録。流れに身を任せてお金を増やす。

米国株の銘柄選び セクター別ETFの最新ポートフォリオと成績を比較

アメリカの個別株を保有しているとセクター(業種)分散の重要性を痛感します。つい最近までは情報技術セクターが好成績を上げていましたが、今は絶不調。

逆に生活必需品セクターを中心としたディフェンシブ銘柄は安定しています。

どちらが良い・悪いのではなく、時期によって好調なセクター、不調なセクターが入れ替わるということだと思っています。

 

 これから米国株を始める人で何を買えばよいか迷っている人は、複数のセクターの銘柄の中から気になる企業の株を選ぶのもいいと思います。

というわけで、バンガード社のセクター別ETFの最新データから各セクターの上位銘柄とパフォーマンスをチェックしました。

(2018/11/26 公益セクターを追加しました) 

 

対象は次のセクター別ETFです。

  • VGT(情報技術)
  • VOX(通信サービス)
  • VCR(一般消費財・サービス)
  • VDC(生活必需品)
  • VHT(ヘルスケア)
  • VPU(公益事業)

このセクターを選んだ理由は私の保有株が属しているセクターだからです。

公益セクター以外は日本でも馴染みのある企業が多く含まれていると思います。米国株を始める人にはとっつき安いはず。

  

 

VGT(情報技術) 最新データ(2018.10.31)

情報技術セクターのETF 「VGT」のデータです。 

投資銘柄数 321
PER 23.9
PBR 5.8

 PER 23.9倍。高めですね。

 

■組入れ上位銘柄

順位 銘柄 %
1 Apple 19.10%
2 Microsoft 13.80%
3 Visa 4.10%
4 Intel 3.90%
5 Cisco 3.80%
6 Mastercard 3.20%
7 Oracle 2.70%
8 NVIDIA 2.20%
9 Adobe 2.10%
10 IBM 1.90%

 

AppleとMicrosoftは世界全体に投資するETFであるVTでも1位と2位でした。情報技術セクターの2強が世界の株価時価総額の2強です。

Appleは株価急落してますけど、このセクターの1位の座は当分揺らがなそうですね。

VisaとMastercardはクレジットカード会社と間違われそうですが、この2社は決済ネットワークを提供する企業なので、情報技術セクターに属しています。

 

VOX(通信サービス) 最新データ(2018.10.31)

通信サービスセクターのETF 「VOX」のデータです。

投資銘柄数 79
PER 14.3
PBR 2.6

 VOXは最近新設されたセクターです。79銘柄と少なめです。

 

■組入れ上位銘柄

順位 銘柄 %
1 Alphabet(Google) 21.00%
2 Facebook 13.50%
3 AT&T 7.80%
4 コムキャスト 5.10%
5 ベライゾン 5.00%
6 ディズニー 4.90%
7 Netflix 4.00%
8 21 Century Fox 2.90%
9 チャーター・コミュニケーションズ 2.40%
10 アクティビジョン・ブリザード 2.10%

 

Google,Facebook,Netflix。FANGのうち3つが登場します。GoogleとFacebookで34%を占めますね。今、このETFは怖くて買えない。。

8位の21世紀FOXは6位のディズニーに買収される予定です。

10位のアクティビジョン・ブリザードはゲーム会社です。「コール オブ デューティ」とか人気です。

 

VCR(一般消費財・サービス) 最新データ(2018.10.31)

一般消費財・サービスセクターのETF 「VCR」のデータです。

投資銘柄数 325
PER 21.4
PBR 4.6

 

■組入れ上位銘柄

順位 銘柄 %
1 Amazon 20.30%
2 ホーム・デポ 7.20%
3 マクドナルド 4.90%
4 ナイキ 3.40%
5 ブッキング・ホールディングス 3.20%
6 スターバックス 2.90%
7 ロウズ 2.80%
8 TJX 2.50%
9 GM 1.70%
10 テスラ 1.50%

 

Amazonが圧倒的首位です。マクドナルドやナイキ、スターバックス、テスラもこのセクターにいますね。5位のブッキング・ホールディングスはBooking.comを運営する会社です。

Amazonは最近急落していますけど、マクドナルドは好調です。この2つは同じセクターでも値動きが全然違います。

Amazonは情報技術セクターに近い気がしますけどね。

 

VDC(生活必需品) 最新データ(2018.10.31)

生活必需品セクターのETF 「VDC」のデータです

投資銘柄数 91
PER 20.2
PBR 4.0

 生活必需品セクターは91銘柄です。

 

■組入れ上位銘柄

順位 銘柄 %
1 P&G 11.80%
2 コカ・コーラ 10.20%
3 ペプシコ 8.40%
4 ウォルマート 3.40%
5 フィリップモリス 3.20%
6 アルトリア 2.90%
7 コストコ 2.80%
8 ウォルグリーン・ブーツ 2.50%
9 モンデリーズ 1.70%
10 コルゲート・パーモリーブ 1.50%

コカ・コーラがP&Gを追い抜く日が来るかも?

5位、6位はタバコ会社ですね。

8位のウォルグリーン・ブーツは薬局、9位のモンデリーズは食品・飲料会社です。「トライデント」ガムや「ホールズ」を作っています。

10位のコルゲートは歯磨き粉等の日用品を作っている会社です。P&Gの競合です。

 

VHT(ヘルスケア) 最新データ(2018.10.31)

ヘルスケアセクターのETF 「VHT」のデータです。

投資銘柄数 368
PER 28.7
PBR 4.0

ヘルスケアセクターは銘柄数が多い。そして PERが高いです。

 

■組入れ上位銘柄

順位 銘柄 %
1 Johnson & Johnson 9.40%
2 ファイザー 6.30%
3 ユナイテッド・ヘルス 6.30%
4 メルク 5.00%
5 アムジェン 3.20%
6 メドトロニック 3.00%
7 アボット・ラボラトリーズ 3.00%
8 アッヴィ 3.00%
9 イーライリリー 2.60%
10 サーモフィッシャー 2.40%

増配王のJohnson&Johnsonが首位です。

ユナイテッド・ヘルスは医療保険の会社ですが、2位のファイザーに迫ってますね。

6位のメドトロニック医療機器、10位のサーモフィッシャーは科学機器・試薬メーカです。

 

VPU(公益) 最新データ(2018.10.31)

 公益セクターのETF 「VPU」のデータです

投資銘柄数 71
PER 16.7
PBR 1.9

PERは低めに見えます。

 

■組入れ上位銘柄

順位 銘柄 %
1 ネクステラ・エナジー 9.70%
2 デューク・エナジー 6.90%
3 ドミニオン・パワー 5.60%
4 サザン・カンパニー 5.50%
5 エクセロン 5.10%
6 アメリカン・エレクトリック・パワー 4.30%
7 センプラ・エナジー 3.30%
8 Public Service Enterprise Group 3.20%
9 エクセル・エナジー 3.00%
10 Pacific Gas and Electric Company 2.90%

いきなり知らない会社ばかりになってしまいました。。1位のネクステラエナジーはフロリダにある大手電力会社です。他の会社も電力かガス会社です。

各セクターのパフォーマンス比較

各セクターの騰落率です。比較のためにS&P500と連動するVOOも載せておきます。

■騰落率 (2018.10.31)

  前月 3ヶ月前 1年前
VGT(情報技術) -8.50% -0.15% 13.43%
VOX(通信サービス) -6.20% -3.04% -8.61%
VCR(一般消費財・サービス) -10.28% -5.64% 4.74%
VDC(生活必需品) 1.65% 3.16% -0.59%
VHT(ヘルスケア) -7.67% -0.95% 9.10%
VPU(公益) 1.10% 1.86% 4.75%
VOO(S&P500) -6.88% -3.32% 2.88%

 

10月は一般消費財・サービスセクターの下げが凄いです。Amazonの影響でしょう。直近は生活必需品と公益セクターが堅調ですね。

年間で見ればまだ情報技術セクターが利益を出していることになりますが、公益セクターがS&P500を上回っているのが意外です。

 

■VGT,VOX.VCR 10年間チャート

f:id:ontsuji96:20181126223012p:plain

VGT,VOX,VCRの2008年からのチャートです。オレンジはS&P500です。

情報技術セクターのVGT、一般消費財・サービスのVCRともに圧倒的な成績です。

VOXは今年大きな銘柄入れ替えがあってGoogleやFacebookが組み込まれたので、長期で見ても意味はないですね。

 

■VDC,VHT,VPU 10年チャート

f:id:ontsuji96:20181126222244p:plain

 VDC,VHT,VPUの2008年からのチャートです。 

一番上のグラフはヘルスケアセクターのVHT。ディフェンシブ銘柄と言われていますが、オレンジ色のS&P500を大きく上回っています。

赤色のVDCはS&P500をやや上回ります。公益セクターのVPUは長期で見るとS&P500を下回りますね。

まとめ

各セクターの中の上位銘柄の入れ替わりを追いかけると、勢いの違いが見れて面白いかもしれません。次回更新する際は順位や比率の変動が分かるようにしたいです。

他に中国に影響を受けまくる資本財セクターを載せると面白いかもしれません。 

時間があれば記録していきたいです。

 

 

こちらは米国 vs 全世界。VTIとVTの最新データを比較した記事です。

 

アメリカのみに投資するインデックスファンドのポートフォリオ、コスト、パフォーマンス比較集です。

 

 

よろしければクリックお願いします。ランキングサイトで色々な投資情報が見れます。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

 

 

プロフィール
id:ontsuji96 id:ontsuji96 はてなブログPro

IT企業で働きながら、趣味の投資活動を記録していくブログです。

注目記事
投資関連ランキングサイト

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサードリンク
株式取引の勉強本

チャートの見方がわかる本

アメリカのトレーダ集団 タートルズのスイングトレード手法。投資手法を学べるというより、読み物として普通に面白い。

投資の息抜きに

投資も等価交換?

読書はKindleで

Bird Bear Hare and Fish