おんつじの資産育成記~投資信託と米国株で楽にお金を育てる

インデックス投資と米国株の記録。流れに身を任せてお金を増やす。

eMAXIS Slim米国株式より楽天・全米株式(楽天VTI)を押したい理由

 アメリカの株式に投資する

「楽天・全米株式インデックスファンド(楽天VTI)」「eMAXIS Slim米国株式」

どちらが優れているファンドなのか、良く比較されがちです。

 

楽天VTIの実質コストが約0.3%と期待より高かったこともあり、

「楽天VTIよりeMAXIS Slim米国株式の方が良いのかな~?」

と思う時もあります。

 

だけど私は楽天VTIを押していきたい。

コスト以外の面でVTIの方が良いと思えるから。

実質コストだけで比較してはいけない

これ、eMAXIS Slim米国株式の方が、楽天VTIより実質コストは低くなるんじゃないか?

それならeMAXIS Slim米国株式の方が買いでしょ

 と考えることもあります。

 

この2つのファンドの採用指数が同じものであれば、有無を言わさず"Yes"です。

 

例えば、同じMSCIコクサイを採用指数とする「eMAXIS Slim先進国株式」と「ニッセイ外国株式」であれば、実質コストが小さい方を選びます。

インデックスファンドである以上、採用指数が同じなら株価の値動きは、ほぼ同じです。

後は運用コストの差で優劣が決まります。

 

しかし、「楽天VTI」と 「eMAXIS Slim米国株式」はこのケースには当てはまりません。

採用指数が違いますからね。

 

「楽天VTI」はバンガード社のETFであるVTIに投資するファンド。

「eMAXIS Slim米国株式」はS&P500をベンチマークとするインデックスファンドです。

 

私たちは実質コストの前に考えなければなりません。

VTIとS&P500。自分にとってどちらが魅力的なのか?ということを。

VTIとS&P500 成績に違いはあるの?

S&P500とVTI。アメリカの株式で構成されることは同じでも、投資範囲が全く異なります。

 

「eMAXIS Slim米国株式」のベンチマークであるS&P500は、アメリカの大型株500銘柄で構成されます。

これに対し、VTIは小型株を含む3600程度の銘柄で構成されます。

 

S&P500はアメリカの株式時価総額の75%を占めるのに対して、VTIは99%です。

VTIはアメリカの株式のほぼ全てをカバーします。

 

S&P500はベテランや優等生を選抜した指数。

VTIは期待のホープも含めた「オール・アメリカ」といった感じでしょうか。

 

では、VTIとS&P500のパフォーマンスに違いはあるのでしょうか?

 

■VTIとS&P500 5年チャート

f:id:ontsuji96:20190210104340p:plain

過去5年のVTIとS&P500のチャートです。赤色がS&P500青色がVTIです。

か、変わらないのかい。。

むしろS&P500の方が少し良く見えますね。

 

もっと長期のチャートを見てみましょう。インデックス投資は長期投資が基本です。

■VTIとS&P500 長期チャート  

f:id:ontsuji96:20190210104626p:plain

2001年からのチャートです。

VTIは+147.54%。S&P500が+120.99%です。

VTIがS&P500を26%上回っています。年間1.5%程度ですね。

 

長期ではVTIの方が成績が良いです。特に2009年のリーマンショックからの回復はVTIの方が早い。

もちろん、これが将来も繰り返される保証はありません。

だけど、過去にこういう実績があることも確かです。このパフォーマンスの差を考慮に入れてもいいかなと思います。

VTIは小型株の恩恵を受ける

長期チャートで見るとVTIの成績が良いのは、小型株の株価上昇を取りこめるからでしょう。

VTIの10%は小型株です。小型株は景気が良いとき、大型株より大きく上昇します。

 

小型株に投資するETF 「iShares Core S&P Small-Cap ETF (IJR)」とS&P500を比較してみます。

■IJRとS&P500 長期チャート

f:id:ontsuji96:20190210105249p:plain

青のグラフが「iShares Core S&P Small-Cap ETF (IJR)」です。

 

長期で見ると凄いですね。約20年でS&P500を圧倒しています。

VTIはこの小型株の上昇効果を取り込むことができます。

小型株は下がる時は大きく下がってしまうので、一長一短です。だけど、VTIに占める割合は10%程度なので、リスクは抑えることができます。

 

一方でS&P500に小型株が入ってくることは無いです。S&P500では小型株効果は得られません

 

長期で投資することを考えた時に、小型株上昇の恩恵を受ける可能性があるVTIの方が魅力的に映りました。

 

例えば、今の小型株に将来のAmazon,Googleのような企業があるかもしれません。

「楽天VTI」であれば、その企業の株価上昇の恩恵を最初から受けられます。

「eMAXIS Slim米国株式」では、その企業がS&P500に採用されてからでないと恩恵を受けることができません。

S&P500には銘柄入れ替えがある

「eMAXIS Slim米国株式」が少し不利と思える点に、S&P500の銘柄入れ替えがあります。

S&P500は年に1回、構成銘柄を入れ替えます。

2018年はMSCI社とTwitterが入り、モンサントやCSRAが除外されました。

 

銘柄入れ替えが発生すると、インデックスファンドは除外された銘柄を売却し、新しく入った銘柄を購入する必要があります。

S&P500から除外された銘柄は株価が下がるので、ファンドは安い価格で売ることになります。

逆にS&P500に新しく入る銘柄は株価が一時的に上昇します。ファンドは本来の価値より高い株価で買う必要があります。

 

この銘柄入れ替えに伴う株式の売買を長期的に繰り返せば、投資効率が下がると言われています。

 

「eMAXIS Slim米国株式」にはこの銘柄入れ替えが毎年発生しますが、楽天VTIには殆ど発生しないでしょう。

これも楽天VTIを選択したい理由の一つです。でも、大した影響無いと思いますけどね。。

 

コスト差以外の要因で選びたい

私は、長期的に見ればVTIの方がパフォーマンスが良くなるのでは?と言う理由で楽天VTIを積み立てています。

これには希望的観測が多分に含まれています。

逆に

S&P500は優良企業のみで構成されている。だからVTIより安定している。

という意見もあると思います。どっちも間違いでは無いと思います。

 

何れにしても、「eMAXIS Slim米国株式」と「楽天VTI」の実質コストはそこまで大差はつかないと予想しています。

せいぜい、0.1%以内の差に収まるのではないでしょうか。 

10年、20年という長期で見れば、コスト差以外の要因で投資成績に差がつくんじゃないかな~というのが感想です。

 

小型株も含むVTI」と「良株だけで構成するS&P500」。このどちらに期待が持てるかで選びたいです。

 

 私はVTIに長期投資した時のパフォーマンスを期待して、楽天VTIを選びました。

 

関連記事です。

eMAXIS Slim米国株式、楽天VTIについてまとめた記事です。

 

 

eMAXIS Slim米国株式と楽天VTIのパフォーマンス比較をこちらの記事で掲載しています。

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

良ければクリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ