おんつじの資産育成記~投資信託と米国株で楽にお金を育てる

流れに身を任せていたら外資系のIT企業で働いていました。そんな私が投資とか趣味について書き連ねる日記です。インデックス投資と米国株がメインです。

MENU

SBI証券 米国株式・ETF定期買付サービスはどう使う?手数料に注意

SBI証券の外国株式口座で「米国株式・ETF定期買付サービス」というサービスが始まっています。その名の通り、米国株式・ETFを定期的に自動購入できるサービスです。

果たして便利なサービスなのでしょうか? 結論から言うと利用する人を選びそうなサービスだなとの印象を受けました。

f:id:ontsuji96:20181107001832p:plain

 

日付と曜日指定、株数と金額指定での定期購入が可能

使い方を簡単に見てみます。

SBI証券で取り扱っている米国株、ETFを毎月自動的に購入できるように設定ができます。

f:id:ontsuji96:20181106224106p:plain

 

買付日は毎月の日付、もしくは曜日での指定が可能です。

複数日指定可能なので、

「毎月5日と20日にAmazon株を購入」

「毎週水曜日にAmazon株を購入」

といった指定ができます。

 毎週、個別株を買うなんて強者ですね。。。

 

購入する単位は株数か金額で指定できます。

f:id:ontsuji96:20181106224438p:plain

金額で指定できるのはいいですね。

インデックス投信のように株価が高いときは少ない株数、株価が低いときに多めの株数を買うことができます。

 

こんな感じで設定すれば毎月好きな米国株やETFを自動的に購入して積み立てができます。

米国株の購入手数料は要注意

気をつけたいのは米国株の購入手数料です。

SBI証券の米国株の手数料は次のようになっています。

  • 約定代金の0.45%(税込0.486%)
  • 最低手数料:5ドル(税込5.4ドル)
  • 上限手数料:20ドル(税込21.6ドル)

購入金額の0.45%です。低コストなインデックス投信の年間の信託報酬と同等か少し高めです。

さらに、最低手数料が5ドルなので、少額で購入すると手数料が0.45%を大きく超過する場合があります。

 

f:id:ontsuji96:20181106230010p:plain

例えば上の絵のように

「VTを月に2回、20,000円ずつ買うぞ~♪」

と考えたとします。

この場合、1ドル=113円とすると、20,000円は約177ドル。0.45%は5ドルに満たないので最低手数料の5ドルを払う必要があります。

購入手数料は約2.8%になります。

2.8%を取り戻すのは結構大変です。

これなら購入手数料無しで買えるインデックス投信を積み立てた方が低コストです。

えぐい商売しますね(笑)

 

購入手数料を0.45%に収めるには1,111ドル以上で購入する必要があります。12万~13万円ですね。

毎月の出費としては結構大きくないですか?

私は1ヶ月に出せる投資金額はせいぜい10~15万円くらいです。このサービスを使うと毎月1銘柄しか買えないことになりますね。

複数の銘柄に分散させたい場合はもっと大きな金額が必要になります。

この時点で利用者を選ぶサービスだなと感じました。お金持ち向けのサービスですかね。

自分なら何を買うだろう?

自分がこのサービスを使うとしたら何を買うのか想像してみました。

使えるお金は少し手数料負けしますが、毎月10万円とします。

 

まず、個別株は買わないです。10万円だと毎月1銘柄しか買えません。複数銘柄に分散すると手数料貧乏になってしまいます。さすがに個別株1銘柄に集中投資する勇気はありません。

となると、選択肢はETFになります。ETFであれば勝手に複数の株式に分散投資できるので、リスクも抑えられます。

 

ETFで真っ先に思いつくのはバンガード社のVTI、VT、VOOあたりでしょうか。

VTIは米国のほぼ全ての株式、VTは世界の株式、VOOはS&P500指数に連動するETFです。

どれも分散投資をするのに鉄板と言えるETFですが、これらも買わないでしょう。

これらのETFを買うのであれば同じ値動きをするインデックス投信を買います。

VTIは「楽天・全米株式インデックスファンド」、VTは「楽天・全世界株式インデックスファンド」、VOOは「eMAXIS Slim米国株式インデックスファンド」で代替可能です。

インデックス投信は購入手数料も無いですし、年間の実質コストも0.45%以内には収まるので、ETFを積み立てるよりお得だと思います。

 

前置きが長くなりましたが、私ならバンガード社が出しているセクター別のETFを積み立てたいです。生活必需品セクターに連動するVDCがいいです。

■VDCの上位10銘柄

f:id:ontsuji96:20181106234421p:plain

参考までにVDCの上位10銘柄です。P&G,コカ・コーラなど、日本でも馴染みある企業の株で構成されています。

 

VDCは値動きもVTIやVOOより穏やか、かつ長期的に見ればしっかりと価格が上昇しています。

■VDCとS&P500のチャート

f:id:ontsuji96:20181106233356p:plain

VDCとS&P500の2004年からのチャートです。濃い青がVDCです。

2016年以降のように米国経済が好調な時はS&P500程は上昇していませんが、長期的に見ればしっかりと右肩上がりです。

VDCはディフェンシブ銘柄を中心に構成されているので不況時にも強いと言われています。上のチャートでも2009年のリーマンショック時はS&P500より下げ幅が低いです。

 

セクター別のETFの中ではVDCが一番安定感ありそうなので、このサービスで積み立てるならVDCが無難かな。

 

でも、これは

・個別株に集中投資は避けたい

・VOOやVTIならインデックス投信の方を買えばいい

という消去方でVDCが残ったにすぎませんね。

それだけ私にとって「米国株式・ETF定期買付サービス」は使いづらいサービスということでしょうか。

 

こうしたら使えるんじゃないか

「米国株式・ETF定期買付サービス」でこれができたら使いやすくなるのではと思いました。

 

1. 日単位で購入銘柄を分けられる

購入する日を月単位ではなく、日単位で指定できるようにしてほしいです。

例えばAmazonは1月7日、6月7日、9月7日、P&Gは2月7日、5月7日、、といったように指定できれば、月毎に違う銘柄を購入できるので分散投資できます。

 

2. 指値での購入指定

100ドル以下の場合のみ購入する、といった指値での指定ができれば高値の時に買わずに済むので便利かもしれません。狙いすぎると全く買えなくなるかもしれませんが。

 

3. 移動平均線乖離率での購入指定

指値と似ていますが、25日移動平均線から±5%以内なら購入といった指定ができれば、高値の時に買わずに済みそうです。う~ん、マニアックすぎか?

 

少なくとも1が実現できれば使い勝手上がりそうですけどね。

 

まとめ~利用する際はインデックス投信と比較して決めましょう

「米国株式・ETF定期買付サービス」はよく考えずに使ってしまうと必要以上の手数料を取られるので注意が必要です。

使う際は1つの銘柄購入に11~12万円が必要ということを念頭に購入する銘柄を選んだ方が良さそうです。

もし、ETFを買うのであれば、代替となるインデックス投信が出ているか調べた方がよいです。毎月10数万円程度を積み立てるのであれば、ETFよりインデックス投信の方にコストメリットがありますからね。

 

最後に関連記事の紹介です。

 

セクター別ETFについて書いた記事です。VDCとヘルスケアセクターに連動するVHTを少額積み立てできる投信が出て欲しいんですよね。

eMAXIS Slim米国株式と楽天・全米株式インデックスファンドについて書いた記事です。楽天・全米株式は中小型株を含むので米国経済好調時のパフォーマンスに期待しています。


最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ