おんつじの資産育成記~投資信託と米国株で楽にお金を育てる

インデックス投資と米国株の記録。流れに身を任せてお金を増やす。

スパークス「厳選投資」はTOPIXに勝ち続けるアクティブファンド

「殆どのアクティブファンドはインデックスに負ける。」

良く聞く言葉ですが、中には好成績を出し続けるアクティブファンドもあります。

スパークス・アセット・マネジメントが販売する『スパークス・新・国際優良日本株ファンド』、愛称『厳選投資』もその一つです。

その名が示す通り、日本株のみに投資するアクティブファンドです。

 

f:id:ontsuji96:20190116000831p:plain

 

 

スパークス『厳選投資』のパフォーマンスはTOPIXを超え続ける

「厳選投資」のパフォーマンスは過去10年間、日本の代表的な株式指数であるTOPIXを超え続けています。

 

 ■厳選投資とTOPIX(配当込み)の騰落率比較

f:id:ontsuji96:20190115222512p:plain

「厳選投資」が設定された2008年からの騰落率です。TOPIXと比較しています。

10年間でTOPIXを下回ったのは2011年のみです。累計では261%とTOPIXの70.6%を大きく上回ります。

 

上記表は2018年3月の運用報告書から抜粋したものなので、4月以降の成績が反映されていません。

では、株価が大きく下落した2018年の年間ではどうだったかというと、

TOPIX(配当込み)は-15.9%程度に対し、「厳選投資」は-5.69%

かなりダメージを抑えることに成功していますね。

 

『厳選投資』はわずか20名柄に集中投資

「厳選投資」の特筆すべき特徴は投資対象銘柄の少なさです。その数はわずか20銘柄。「厳選」という名が示す通り、少数精鋭に集中投資を行います。

 

投資対象とするのは以下の条件を満たすグローバルな活躍が期待できる企業です。

 

・国内市場での圧倒的なシェア

・海外売上高比率の拡大が期待できる

・世界的なブランド力を持つことが期待できる。

 

つまり、海外進出に成功する可能性の高い企業を厳選して投資しています。

このような企業は

「新興国を始めとした世界の経済成長・人口増加の恩恵を受ける」

「世界に通用するブランドを有する企業は外国人投資家の対象になりやすい」

と期待されるためとのことです。

 

では、どのような企業に投資しているのでしょうか。

次の表は2018年3月時点の組入れ銘柄です。

 ■厳選投資の組入れ銘柄

銘柄 業種
JT 食料品
花王 化学
ユニ・チャーム 化学
ロート製薬 医薬品
日本電産 電気機器
キーエンス 電気機器
シマノ 輸送用機器
テルモ 精密機器
フジシールインターナショナル その他製品
アシックス その他製品
ビジョン その他製品
ソフトバンクグループ 情報・通信
三菱商事 卸売業
ミスミグループ本社 卸売業
良品計画 小売業
リクルートHD サービス業

 

たったの16銘柄です。

わりと堅実な企業が多いですね。

有名な大企業の中に「ビジョン」「フジシールインターナショナル」等の中・小型株も含まれます。

「厳選投資」は組入れ銘柄を頻繁に入れ替えたりせず、長期投資がスタンスです。上記16社のうち13社は2015年の組入れ銘柄にも入っていました。

 

ちなみに、現在の上位銘柄は次のようになっています。

順位 銘柄 比率(%)
1 テルモ 7.8
2 花王 7.6
3 日本電産 7.5
4 ユニ・チャーム 7.2
5 三菱商事 7.1

 

テルモが1位です。カテーテルや人工心肺装置などの医療機器で世界でも高いシェアを持つ企業です。

 

信託報酬等のコストは高め

 気になるコストですが、信託報酬は「1.7712%」です。

これに監査費用等、他の費用がかかります。第10期(2017/3/28~2018/3/27)のコスト合計は「1.817%」でした。

さらに信託財産留保額として解約時に「0.3%」のコストが必要となります。

さすがにアクティブファンドなので、コストは高めですね。

ただ、過去10年間のパフォーマンスはこのコストに見合うものだと思います。

 

日本株のアクティブファンドではひふみ投信より有望?

日本のアクティブファンドではひふみ投信が圧倒的な人気でした。

しかし、ひふみ投信の過去5年間のリターンは+64.5%。それに対し、「厳選投資」は+75.96%と逆転しています。

ひふみ投信は2018年に20%近く下げた一方で、「厳選投資」は前述のとおりダメージを最小限に抑えたためです。

たった20銘柄、かつ殆どが大型株にも関わらず、中・小型株の比率が高く、230以上の銘柄に投資するひふみ投信を上回るってすごいですね。それだけ銘柄選定・運用がうまいってことですかね。

 

「厳選投資」を運用するスパークスは、上げ相場の時は市場平均並みの成績、下げ相場の時は損失を最小にすることを目標にしているようです。

下げ相場で大きく下落してしまうと、元の水準に戻るのに時間がかかってしまうからです。

2018年はこれを見事に実現して、TOPIXはもちろん、ひふみ投信を始めとした多くのアクティブファンドを凌駕するパフォーマンスを示しています。

 

このパフォーマンスを見る限り、日本株への投資先としてインデックスよりアクティブファンドを選びたい時、「厳選投資」は有力な選択肢になるのではないでしょうか。

ひふみ投信のような中・小型株中心のファンドは、2018年のような弱気相場では下がりまくることを実証しましたからね。

「厳選投資」は大型株中心、かつ弱気相場での下げ幅を小さくする運用力を発揮しているので安心して持っていられそうな気がします。

試しに少しだけ買ってみようかな?

もちろん、未来もこのパフォーマンスが継続される保証はないですけど、今後も注目したいファンドの一つです。

 

 

他の記事の紹介です。

私は日本株への投資としてコモンズ30を買っています。これも30銘柄に集中投資するアクティブファンドです。パフォーマンスは「厳選投資」に大きく劣ります。残念。。。


 また衝動買いしてしまうのでしょうか。

良ければクリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ