おんつじの資産育成記~投資信託と米国株で楽にお金を育てる

インデックス投資と米国株の記録。流れに身を任せてお金を増やす。

ユニリーバのM&A 今度はフェイクミートの会社を買収

『フェイクミート』ってご存知ですか?

大豆等の植物由来の原料を使って見た目も味も肉に限りなく近づけた商品。最近メディアで紹介されることも多いです。

ベジタリアンでも肉の味が楽しめるということで欧米では人気らしいのです。

 

f:id:ontsuji96:20181220231700p:plain

 

ユニリーバがフェイクミート販売会社「ベジタリアンブッチャー」を買収

フェイクミートの専門店を世界で初めてオープンしたのがオランダの「ベジタリアンブッチャー」という会社。世界17ヵ国、4000以上のお店でフェイクミートを使った商品を販売しています。

 

この「ベジタリアンブッチャー」をユニリーバが買収すると発表しました。

 

f:id:ontsuji96:20181001224444p:plain

 

ユニリーバはこの買収によって、健康かつ環境に優しい植物由来の食品販売を拡充します。

健康や宗教上の理由で肉を食べないベジタリアン向けの商品のニーズが今後も増えると見込んでいるようです。

欧米では健康志向が強まって加工食品ブランドの人気が落ちているようですから、ユニリーバの方針は時代の流れに沿っていると言えそうです。

それに、ユニリーバは新興国での売り上げが多いです。ヒンドゥー教は肉を食べないらしいですし、そういった宗教圏の国での売り上げも狙っているんでしょうか。

 

一方で「ベジタリアンブッチャー」はユニリーバの販売網を使って、自分達の商品を世界中に広げるチャンスと捉えています。

 

積極的な買収を続けるユニリーバ 株価上がってほしいな~

ユニリーバは先日も イギリスの製薬会社「グラクソスミスクライン」からインドの食品事業を買収すると発表したばかりです。

ユニリーバは2015年頃からM&Aを積極的に繰り返していて、30社近くを買収しています。

これらの買収が業績と株価に反映されることを祈らずにはいられない。

■ユニリーバ 2年チャート

f:id:ontsuji96:20181221000010p:plain

ユニリーバの株価、全然上がらないんですよね~。

逆に今もそこまで大きく下げておらず、不思議な安定感を発揮しつつありますけど。

最近一部を売却して債券ETFを購入する資金にしたんですけど、全部は売らずに今も保有しています。

 

 リプトン、Dove。馴染みのあるブランドを多く持つユニリーバ。

 売上の半分を新興国で占めちゃう大航海時代なユニリーバ。

 先行き不安なイギリスから脱出しようとしたら株主に止められちゃったユニリーバ。

 

なぜか愛着を感じずにはいられない。

今後、米国株が全部暴落して損切りする時も来るのでしょうが、案外ユニリーバは最後まで保有していそうな気がします。

 

関連記事です。

 ユニリーバはホーリックスという飲料事業をグラクソから買収しました。

 

ユニリーバは本社をオランダへ統合しようとしましたが断念しました


最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ