おんつじの資産育成記~投資信託と米国株で楽にお金を育てる

流れに身を任せていたら外資系のIT企業で働いていました。そんな私が投資とか趣味について書き連ねる日記です。インデックス投資と米国株がメインです。

MENU

世界同時株安 何度目の暴落か~追加投資のチャンス到来?

10月10日に米国株が急落しました。ダウもS&P500も3%以上下落してしまいました。米国の長期金利の指標である10年米国債の利回りが3.2%を超えたことがきっかけです。

金利が上昇すると企業が銀行からお金を借りづらくなったり、私たち消費者は

「リスクかけて株式に投資するより銀行に貯金して利息もらったた方がいいや」

となって株が売られ、株価が下がる傾向にあります。

この金利上昇に加えてアメリカと中国の貿易摩擦が一向に収まらないことも今回の株価下落の要因のようです。

ハイテク株の下落がでかいな~。セクター分散は大事。

10日は私の所有している銘柄も大きく下落しました。

DIS ウォルト ディズニー -3.45%
AMZN アマゾン -6.15%
MKC マコーミック -1.12%
UL ユニリーバ -0.81%
ZTS ゾエティス -3.16%
PEP ペプシコ -0.72%
MSFT マイクロソフト -5.43%
JNJ ジョンソン & ジョンソン -1.06%
V ビザ -4.27%
AWK アメリカンウォーターワークス -0.09%
VOO -3.23%

Amazon, Microsoft,Visaといったハイテク銘柄が大きく売られています。一方でPepsicoやJohnson&Jonhson等のディフェンシブ銘柄はそこまで下がっていないです。

こうして見ると保有資産のセクターを分散させるのって重要ですね。ハイテク株に自分の資産が偏っていたらと想像するとぞっとします。

ちなみにアメリカの株価が大きく下がったことをきっかけに、日本をはじめとしたアジア各国の株式指数も下落しています。

 

 日本のTOPIX・・・-3.52%

 上海総合 ・・・ -5.22% !

 インドSENSEX ・・・ -2.19%

 

ヨーロッパの株式指数も下落していました。

結局、アメリカの株価が大きく下がると世界中の株価が連動してしまいます。国際分散投資って意味あるのか?と考えてしまう状況ですね。

株価急落を何とも思わなくなってきた。

この急落はもちろん残念なことですが、あまり何も感じなくなりつつある自分がいます。本格的な投資歴は2~3年しかないのですが、その間にもこのような急落は何度か経験しました。2016年のBrexitだったり、今年2月の株価急落だったりです。その時は焦って持っている資産を一部売却したりしていたのですが、暫くすると株価が元に戻っちゃうんですよね。売った株を買い戻すのが面倒だった記憶があります。売却してしまえば税金や手数料の分だけ損をするので、無駄な行いでした。なので、今回の株価急落では保有資産を売却しません。

ハイテク株の下落っぷりは少し心配ですが、私の保有しているAmazon, Microsoft,Visaはその辺の新興企業と違って、今後も長く生き続けることができる企業だと思っています。自分の生活にも欠かせない企業ですから。例え一時的に損失を出したとしても保有し続けるつもりです。

追加投資のチャンスなのか?

むしろ株価急落を知った時は、「追加投資のチャンス来たか?」と思いました。

■VOOのチャート

f:id:ontsuji96:20181011225338p:plain

これはS&P500と連動するVOOのチャートです。一番下の赤いラインである200日の移動平均線に近づいてきました。今まではずっと25日移動平均線の上にいることが多かったので、なかなか追加投資する気にはなれなかったですが、ようやく200日移動平均線まで落ちてきました。このラインで反発してくれるのであれば、今はよい買い時な気がします。

正直言って待っていたんですよ。この時を。毎月の定期購入以外に追加投資の資金を幾らか用意しているのですが、ずっと株価が上昇していて投入するタイミングをつかめませんでしたから。

今、Amazon等のハイテク株に追加投資するのは何となく恐ろしいですが、VOO等のETFやインデックス投信なら割と安心して追加投資できます。仮に再度下落しても気長に待っていれば戻ってくるでしょう。うん、そう信じよう。

だけど全力買いはしない

ですが、このタイミングでは全力買いしない方がいい気がしています。直近に大きなイベントがあるからです。

まず、来週頃からアメリカでは4半期の決算発表が増えてきます。来週はJohnson&Johnsonが発表しますし、再来週はAmazon, Microsoft,Visaがあります。この決算発表ががっかりな結果だった場合、更に株価が下がる気がします。

そして11月にはアメリカの中間選挙があります。民主党が過半数を取るのであれば一時的に株価が急落するかもしれません。むしろその時が追加投資のチャンスかもしれません。

そんなわけでこのタイミングではVOOやインデックス投資を少し追加投資して、11月の中間選挙までは様子見するつもりです。そこで逆に急騰したら、追加投資せずに毎月の定額購入を続けるだけですね。

 

f:id:ontsuji96:20181011231439p:plain

お。そんなことを書いていたら、VOOが200日移動平均線で反発してきましたよ。少し買おうかな。終値で下がってなきゃいいな~。

 

私の保有資産の記事です。AMZN,MSFT,Vの下落3兄弟は私の個別銘柄の3TOPでもあります。。。

 昨日楽天VTIを少し買ったのですが、一日早かったでしょうか。まあ、超少額ですけど。

f:id:ontsuji96:20180915155445j:plain

 

クリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ