おんつじの資産育成記~投資信託と米国株で楽にお金を育てる

インデックス投資と米国株の記録。流れに身を任せてお金を増やす。

VTとVTI ポートフォリオとパフォーマンスを比較【過去記事 2018年10月】

この記事のデータは2018年10月のものです。最新のデータはこちらをご覧ください。

www.ontsuji.net

 

Vanguard(バンガード)社が販売する全米の株式に投資するETF『VTI』と世界中に投資する『VT』のポートフォリオ、パフォーマンスをチェックしました。

インデックスファンドの中でも人気のある『楽天・全米株式インデックスファンド』と『楽天・全世界株式インデックスファンド』はこれらのETFを買いつけるだけのファンドです。VTとVTIを知ればこの2つのファンドの特徴が分かります。

 

f:id:ontsuji96:20181014135310p:plain 

 

VTI最新データ (2018.10.31)

VTIの最新データです。

 

投資銘柄数 3641
PER 18.4
PBR 2.9

 VTIは全米の3641銘柄に投資しています。

組入上位銘柄

順位 銘柄 セクター %
1 Apple 情報技術 3.40%
2 Microsoft 情報技術 3.00%
3 Amazon 一般消費財・サービス 2.40%
4 Alphabet(Google) 通信サービス 2.30%
5 バークシャー・ハサウェイ 金融 1.50%
6 Johnson & Johnson ヘルスケア 1.40%
7 JPモルガン 金融 1.30%
8 Facebook 通信サービス 1.30%
9 エクソンモービル エネルギー 1.20%
10 バンク・オブ・アメリカ 金融 0.90%

 

組入比率ではAppleが首位。MicrosoftがAmazonを追い抜いて2位です。

 

セクター別構成比

f:id:ontsuji96:20181119231148p:plain

セクター別では情報技術が1位。 新設された通信サービスは最下位です。

 

VT最新データ (2018.10.31)

次にVTの最新データです。

投資銘柄数 8126
投資対象国 40
PER 15.3
PBR 2.1

 8126銘柄に投資。VTIよりPERは割安です。

組入上位銘柄

順位 銘柄 %
1 Apple アメリカ 2.10%
2 Microsoft アメリカ 1.60%
3 Amazon アメリカ 1.30%
4 Alphabet(Google) アメリカ 1.30%
5 バークシャー・ハサウェイ アメリカ 0.80%
6 Johnson & Johnson アメリカ 0.80%
7 JPモルガン アメリカ 0.70%
8 Facebook アメリカ 0.70%
9 エクソンモービル アメリカ 0.70%
10 ロイヤル・ダッチ・シェル オランダ・イギリス 0.50%

組入比率の1位~9位はVTIと同じ。10位にロイヤル・ダッチ・シェルが入りました。

ロイヤル・ダッチ・シェルはオランダ、イギリスの両方に拠点を置いています。

国別構成比

f:id:ontsuji96:20181119234749p:plain

アメリカに次いで日本が2位です。中国がドイツより上位です。

新興国の比率は約9%です。

地域 %
アメリカ 55.20%
日本 8.00%
新興国 9.10%
その他先進国 27.70%

 

ちなみにVT投資対象は以下の40ヵ国です。

1-10 11-20 21-30 31-40
アメリカ 台湾 フィンランド オーストリア
日本 香港 ロシア チリ
イギリス インド シンガポール アイルランド
カナダ オランダ タイ ニュージーランド
フランス スウェーデン ベルギー フィリピン
中国 ブラジル マレーシア ポーランド
ドイツ スペイン メキシコ ポルトガル
スイス イタリア ノルウェー カタール
オーストラリア 南アフリカ インドネシア トルコ
韓国 デンマーク イスラエル UAE

 

VTIとVTのパフォーマンス

最後にVTIとVTのパフォーマンス比較です。

■騰落率 (2018.10.31時点)

  前月 3ヶ月前 1年前
VTI -7.44% -4.09% 2.34%
VT -7.85% -6.95% -4.38%

 

■株価チャート(過去5年間   青:VTI  赤:VT)

f:id:ontsuji96:20181120000645p:plain

現在はアメリカだけに投資するVTIの方が好調。

10月の株安時は下げ幅はほぼ同じでした。若干VTIの方がましな程度です。

 

まとめ

アメリカだけへの投資と世界全体への投資。どちらが良い結果を生むかは時期によっても違うでしょう。VTIとVTの結果を追いかけることで、感覚的にどの国・地域が好調かわかるかもしれません。

それに世界のTOP10企業の入れ替わりを知るのも面白い。

できれば毎月更新してVTIとVTの最新情報を記録できるようにしておきたいです。

 

こちらは米国株のセクター別データを掲載した記事です。

 アメリカのみに投資するインデックスファンドのポートフォリオ、パフォーマンス、コストを比較しました。楽天VTIでVTIを少額から積み立てできますね。

 

 

先進国、新興国へ投資するインデックスファンドの最新データもまとめています。 


 

よろしければクリックお願いします。ランキングサイトで色々な投資情報が見れます。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ