おんつじの資産育成記~投資信託と米国株で楽にお金を育てる

インデックス投資と米国株の記録。流れに身を任せてお金を増やす。

VTとVTI ポートフォリオとパフォーマンスを比較【過去記事 2018年11月】

この記事のデータは2018年11月のものです。最新のデータはこちらをご覧ください。

www.ontsuji.net

 

インデックス投資において世界全体に分散投資するか、アメリカのみに投資するかは意見が分かれるところです。

そこで、アメリカのバンガード社が販売する全米の株式に投資するETF『VTI』と世界中に投資する『VT』を比較し、どちらの投資パターンが好調なのかを見ていきたいと思います。

 

インデックスファンドの中でも人気のある『楽天・全米株式インデックスファンド(楽天VTI)』と『楽天・全世界株式インデックスファンド(楽天VT)』はこれらのETFを買いつけるだけのファンドです。

VTとVTIを知ることで、この2つのファンドの現状も分かるはず。

 

f:id:ontsuji96:20181014135310p:plain 

掲載するデータは「ポートフォリオ(上位銘柄)」「年間パフォーマンス」「株価チャート(月足)」。チャートは移動平均線で上昇・下降トレンドが分かるようにします。

 

VTI最新データ (2018.11.30)

VTIの最新データです。

投資銘柄数 3639
PER 18.7
PBR 2.9

 VTIは全米の3639銘柄で構成されます。

組入上位銘柄

VTIの組入上位の銘柄です。()は前月の順位です。

f:id:ontsuji96:20181218214147p:plain
11月にマイクロソフトがAppleを追い抜いて首位に立ちました。

製薬大手のファイザーが10位にランクイン。 

セクター別構成比

セクター(業種)別の構成比率です。

f:id:ontsuji96:20181218213743p:plain

11月は金融が1位です。情報技術はハイテク株の下落で比率を落としました。

VT最新データ (2018.11.30)

次にVTの最新データです。

投資銘柄数 8110
投資対象国 40
PER 15.4
PBR 2.1

 8110銘柄にで構成されています。VTIよりPERは割安です。

組入上位銘柄

VTの上位銘柄です。

f:id:ontsuji96:20181218214430p:plain

TOP10は全てアメリカの企業です。何故かVTではAppleが首位。10位にファイザーが入るのはVTIと同じ。

国別構成比

VTの国・地域別の内訳です。

f:id:ontsuji96:20181218214849p:plain

10月と比べると中国がフランスを追い抜き5位に浮上。インドが香港を追い抜きました。

 

先進国、新興国の内訳です。

地域 %
アメリカ 55.50%
日本 8.00%
新興国 9.40%
その他先進国 27.10%

 半分以上がアメリカ、新興国の比率は約9%です。

 

VTの投資対象は以下の41ヵ国です。

f:id:ontsuji96:20181218215857p:plain


VTIとVTのパフォーマンス
 

最後にVTIとVTのパフォーマンス比較です。

年間パフォーマンス比較 (2018.11.30時点)

  前月 3ヶ月前 1年前
VTI 2.06% -5.37% 4.45%
VT 1.76% -6.09% -2.69%

11月はVTIの方が好パフォーマンス。VTも年間ではプラスに転じました。 

 

VTI  月足10年チャート (2018.12.17時点)

月足のVTI株価チャート。黄色い線が12ヶ月の移動平均線。青は24ヶ月、赤は60ヶ月です。

f:id:ontsuji96:20181218220301p:plain

12月17日に24ヶ月の移動平均線を割り込みました。これは2016年以来の出来事。

VT  月足10年チャート (2018.12.17時点)

月足のVT株価チャートです。

f:id:ontsuji96:20181218220513p:plain

VTは24月移動平均線を下に突き抜け、60ヶ月移動平均線が間近です。

12ヶ月移動平均線は完全に下向きで下落トレンドへ突入です。

 

まとめ

11月はマイクロソフトが株価時価総額1位になりました。

そして12月現在。VTIもVTも下落トレンドに入ったような感触を受けます。今後反発できるのか要注目です。

 

アメリカのみへの投資と世界全体への投資はどちらが良い結果を生むのか?

この記事ではVTIとVTの情報を毎月更新していきます。アメリカ、世界の企業TOP10の入れ替わりを見るのも面白いですしね。

 

他の記事の紹介です。

こちらは米国株のセクター別データを掲載した記事です。

 アメリカのみに投資するインデックスファンドのポートフォリオ、パフォーマンス、コストを比較しました。楽天VTIでVTIを少額から積み立てできますね。

 

先進国、新興国へ投資するインデックスファンドの最新データもまとめています。 


 

最後まで読んでくださってありがとうございます。よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ