おんつじの資産育成記~投資信託と米国株で楽にお金を育てる

インデックス投資と米国株の記録。流れに身を任せてお金を増やす。

VTとVTI ポートフォリオとパフォーマンスを比較【過去記事 2018年12月】

この記事のデータは2018年12月のものです。最新のデータはこちらをご覧ください。

www.ontsuji.net

インデックス投資において、世界全体への分散投資とアメリカのみへの投資はどちらがパフォーマンスが良いのでしょうか?

その答えを探るために、アメリカのバンガード社が販売する全米の株式に投資するETF『VTI』と世界全体に投資する『VT』を比較し、どちらが好調なのかを見ていきます。 

f:id:ontsuji96:20181014135310p:plain 

掲載するデータは「ポートフォリオ(上位銘柄)」「年間パフォーマンス」「株価チャート(月足)」。チャートは移動平均線で上昇・下降トレンドが分かるようにします。

 

VTI最新データ 

VTIの最新データです。

投資銘柄数 3639
PER 18.7
PBR 2.9

 VTIは全米の3639銘柄で構成されます。

組入上位銘柄(2019.01.03)

現在のVTIの組入上位銘柄です。Bloombergのデータを掲載しています。

f:id:ontsuji96:20190103105003p:plain

マイクロソフトが首位をキープし続けています。

セクター別構成比 (2018.11.30)

 セクター(業種)別の構成比率です。

f:id:ontsuji96:20181218213743p:plain

こちらは2018年11月末時点のデータです。

金融が1位です。情報技術はハイテク株の下落で比率を落としました。

VT最新データ

次にVTの最新データです。

投資銘柄数 8110
投資対象国 40
PER 15.4
PBR 2.1

 8110銘柄で構成されています。VTIよりPERは割安です。

組入上位銘柄(2019.01.03)

現在のVTの上位銘柄です。Bloombergのデータを掲載しています。

f:id:ontsuji96:20190103105306p:plain

TOP10はもれなくアメリカの企業です。VTではAppleが首位のままです。

国別構成比(2018.11.30)

VTの国・地域別の内訳です。

f:id:ontsuji96:20181218214849p:plain

これは11月末のデータです。

10月と比べると中国がフランスを追い抜き5位に浮上。インドが香港を追い抜きました。

 

先進国、新興国の内訳です。

地域 %
アメリカ 55.50%
日本 8.00%
新興国 9.40%
その他先進国 27.10%

 半分以上がアメリカ、新興国の比率は約9%です。

 

VTの投資対象は以下の41ヵ国です。

f:id:ontsuji96:20181218215857p:plain

VTIとVTのパフォーマンス 

最後にVTIとVTのパフォーマンス比較です。

年間パフォーマンス比較 (2018.12.31時点)

  前月 3ヶ月前 1年前
VTI -9.23% -14.25% -5.20%
VT -7.29% -13.06% -9.79%

2018年はVTもVTIもマイナスで終わりました。

ここ3カ月ではVTの方がパフォーマンスが良い結果になっています。年末のアメリカの株価下落が大きかったことが分かります。

年間ではVTIの方が下落幅が小さいです。

 

VTI  月足10年チャート (2019.01.02時点)

月足のVTI株価チャート。黄色い線が12ヶ月の移動平均線。青は24ヶ月、赤は60ヶ月です。

f:id:ontsuji96:20190103105837p:plain

24ヶ月の移動平均線を割り込みました。

一時60ヶ月移動平均線に近づきましたが、持ちこたえています。長目の下髭が出ていますね。そろそろ下げ止まるのか注目です。

VT  月足10年チャート (2019.01.02時点)

月足のVT株価チャートです。

f:id:ontsuji96:20190103110158p:plain

VTは60ヶ月移動平均線を一度割り込みましたが、少し戻しています。

60ヶ月移動平均線を割り込んだのは、2016年の中国発の株安時以来です。

まとめ ~2019年も下落が続くのか~

2018年はVTIもVTも残念なパフォーマンスに終わりました。年間ではアメリカのみに投資するVTIの方が下落幅は小さかったです。

年末にVTもVTIも大きく値下がりし、完全に下落トレンドに陥ったような様相を受けます。

月足チャートを見ると、今は下落が始まって3カ月目です。

少し下げ止まったような印象を受けますが、2015年の株安時は下落相場が終わるのに約7ヶ月を要しており、まだ予断を許しません。

 

VTとVTIのデータは今後も随時更新していきます。

 

他の記事の紹介です。

こちらは米国株のセクター別データを掲載した記事です。

 アメリカのみに投資するインデックスファンドのポートフォリオ、パフォーマンス、コストを比較しました。楽天VTIでVTIを少額から積み立てできますね。

 

先進国、新興国へ投資するインデックスファンドの最新データもまとめています。 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

良ければクリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ